講師の働き方は

二人の女性

学習塾での採用率や仕事内容は大手学習塾なのか、地域密着型の塾なのかによって、大きく変化します。たとえば、大手の塾では基本的に塾講師が未経験でも、採用される確率が高いとされています。大手学習塾は全国的に展開されている分、社員の数もかなり多いとされています。生徒の数に合わせて講師が採用されているため、講師たちも時間的に余裕があり、多くの時間を新人指導まわすことができます。研修期間が長いのも大手学習塾の特徴であり、子どもに勉強を教えるという行為が初めての方でも、授業の基礎からきっちり教わります。また、教材があらかじめ用意されているのも大手学習塾の特徴です。大手学習塾では教材をつくる仕事のスタッフもいるので、子どもたちの学習状況や現場のニーズ、さらには地域性などによって、様々なパターンの教材をつくります。現場の子どもたちの学力に合わせて教材を使い分けることができるため、無理なく子どもに教えることができます。また、教材のなかに解答解説が細かく載っていることが多いため、もし難しい問題があっても、解き方がすぐに分かるようになっています。一方の地域密着型の学習塾は、個人経営の塾が多いため、社員数が少なく即戦力が求められる傾向があります。したがって、塾講師の仕事を経験したことがある人や、有名大学や有名進学校の出身が採用されやすいといえます。しかし、有能な方ならどなたでも求めている塾が多いため、自分のスキルや経験を厳しい環境で鍛えたいという方にはピッタリです。また、授業で使う教材もオリジナルのものを使う塾があるため、実力で問題を解く高い学習能力が必要とされます。このように学習塾の仕事内容は、大手か地域密着型かによって異なります。

Copyright © 2016 保育士の求人や塾講師の募集|生徒との距離が近い先生 All Rights Reserved.